便秘に効くツボ

人体にはいくつものツボがあり、そのツボを押すことで効果を発揮します。
便秘対策としてもツボは注目されており、便秘対策のツボもあります。

 

注意として、ツボは左右対象にあるものです。
だから、片一方だけではなくて、左右押す事が必要になります。
回数や頻度については、一度につき3回から5回、ゆっくりほぐすように押すといいでしょう。
トイレに行った際や、通勤時など手が空いた時間に行う人が多いようです。

 

大巨(たいこ)

他のツボとしては腹部のツボにも注目です。
へその左右にあるツボなのですが、大巨(たいこ)と呼ばれています。
このへその横に役6p、さらに下に6pほどの位置にあります。

 

押し方は強く押さず、ゆっくり弱くマッサージするように押します。
5本の指を使用し、柔らかく押す方法も有効な方法です。
便秘の他に大腸や小腸といった消化器官の疾患にも効果があるとされています。
お腹の調子が悪い場合など、このツボを押して見るのもいいでしょう。

 

他の腹部のツボとしては、へそから12pほどから下に4pほどにある腹結も効果があるツボとされています。
便秘に効果のあるツボでゆっくり弱い力で押しましょう。
どちらも強い力で押すとよくありません。

 

効果のない人

ツボ全般に言えることですが、ツボ押しに効果がない人もいます。
ツボとしての効果はない場合でも、マッサージとしての効果はあります。
腹部マッサージとツボ押しを併用して行う感覚でいいでしょう。
腹部を温めることで、血行がよくなりますので、腸の動きも良くなるはずです