むくみ解消のための青汁なら明日葉入りが最適なの?

青汁は、商品によっていろいろな成分が使われています。
代表的な成分として明日葉がありますが、どんな成分なのでしょうか。
むくみの解消を目指して青汁を飲む場合、明日葉入りの青汁がいいのかも含めて考えてみます。

 

明日葉とは?

明日葉とはセリ科の植物です。
日本では古くから健康に良いとされてきました。

 

明日葉にはビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が豊富。
だからこそ青汁の原料としてもよく使われています。
私達がしっかり摂取したい栄養素がたくさん含まれているわけです。

 

明日葉は食材として使われることは基本的にないため、食事の中で摂取するのは難しくなります。
別な方法で摂取する必要があるわけです。
そこで青汁が役立ってくれます。
青汁なら飲むだけで明日葉を摂取することができ、むくみの解消にもつながります。

 

明日葉とカリウムの関係

明日葉には、カリウムという栄養素が豊富に含まれています。
そしてこのカリウムこそが、むくみの解消に大きな役割を果たすのです。

 

むくみの原因の1つに、塩分のとり過ぎが挙げられます。
塩分を多くとるとその塩分を薄めようと、体内の水分の量が増えます。
水分の量が増えることでむくんでしまうのです。
カリウムは体内の余分な水分を排出する役割を持っていて、これがむくみの予防や解消につながっていきます。

 

つまり明日葉入りの青汁を飲むことで、カリウムをしっかり摂れるようになり、むくみの解消が目指せるのです。
カリウムを効率良く摂取したいなら青汁を飲むのが近道と言えるでしょう。

 

明日葉入りの青汁がベストなのか?

青汁の中には明日葉ではなく、その他の原料を使っているものもあります。
大麦若葉やケールなどが有名です。
むくみの解消を目指すなら明日葉入りの青汁がベストなのか、という疑問が出てきます。
上記で紹介したように、明日葉には非常に優れた効果を期待できます。

 

ですが、大麦若葉やケールといった成分も優れていてむくみの解消を期待できます。
また、原料によって飲みやすさも変わってきます。
明日葉入りにこだわるというよりは、自分にとって飲みやすい青汁を見つけることが大切です。
毎日継続して続けるためにも、飲みやすさは重要なポイントなので、まずはいろいろな青汁を試してみるのもいいでしょう。

 

明日葉入りの青汁を飲むことでむくみの解消を目指せます。
むくみがどうしても改善しないという時は、毎日青汁を飲むことから始めてみるといいかもしれません。